乾燥えのき(レシピつき☆)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

≪乾燥えのき茸≫ 新しいおいしさ発見~

パパッと簡単!入れるだけで、甘みのあるえのきの風味が楽しめます。

新潟県産えのき茸を、食べやすいように2~3cmほどに切り分け、乾燥機で乾燥させました。

乾燥させることで、えのきのおいしさがぎゅっと凝縮され、お料理の味に深みが増します。

そのままおやつ(珍味感覚)としても食べられますが、何といってもオススメはお味噌汁やスープ・うどん・鍋物などの汁物です。

その他は、炊き込みご飯・ふりかけ・厚揚げの煮物や、たまご焼き・ツナマヨなどに混ぜるなど、色々なお料理にご利用いただけます。

また、ショキショキとした歯ざわりが心地よく、クセになる美味しさです。

キッチンバサミで5ミリ位に切るか、ミルミキサーで粉末にすると、さらにダシが出やすくなります。えのき茶としてもご利用いただけます。

DSC_1395

 

※ 内容量の目安(およそ)

生えのき1袋(150g) ⇒ 乾燥えのき20g

 

乾燥えのき  20g  184円

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

≪えのき茶≫ 一日約5gの乾燥えのきで、「えのき茶」習慣~

① 保温ボトルに、乾燥えのき5gを入れる。

② 95度位のお湯500mgを注ぐ。(ヤケドに注意!)

③ 30分保温したら出来上がり。

お好みに合わせて天日塩ひとつまみ、またはお醤油を少々たらしたり、生姜を入れてもグッド。

塩分が気になる方は、調味せず、そのままでどうぞ。

≪乾燥えのきのお味噌汁≫ 簡単!お味噌と乾燥えのきを入れるだけ

① お椀またはカップに、お味噌(大さじ1)と乾燥えのき(2g)を入れる。

② お湯を200cc注いでよくかき混ぜる。(ヤケドに注意!)

③ 3分程たったら出来上がり。

お好みで乾燥えのきの量を増やしたり、乾燥ワカメ・がごめ昆布・生姜などを加えてアレンジできます。

キッチンバサミで細かく切ると、より、えのきの美味しさが味わえます。

DSC_1376

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆